お客様とのつながりNo.1を目指す、心通わす通販売会社

アミノ酸って?

アミノ酸とは、一言でいえば「タンパク質が作っている最小の成分」。
「?」と思った方もいらっしゃると思いますが、地球上のあらゆる生命、植物も動物もそして、これを見ているあたなも、全てタンパク質からできています。そのタンパク質を作っているのが、アミノ酸なのです。つまり、アミノ酸は生命の源と言えます。

DNAは設計図の役割

人を形成しているのはDNAじゃないの?
実は、DNAは設計図なのです。アミノ酸が並ぶ順番、連なる長さによってタンパク質の種類、役割、働きなどが決定し、それぞれ構成されていきます。その構成を決定させるのが、DNAなのです。DNAの設計図を見ながら、アミノ酸を並び替えたり長さを調整したりして、タンパク質をつくりだし、そして今、あなたが存在しているわけです。

身体を構成するのはアミノ酸は、わずか20種類

現在確認されているアミノ酸は、約500種類。
その中で、私たちの身体を作っているアミノ酸は約20種類です。

つまり、この20種類で髪、爪、皮膚、筋肉、内臓、骨格など人間の身体を構成しています。

20種のうち、私たちが身体の中で合成できるのが10種類。残り10種類は合成できないので、食事など外部から補給しなければなりません。この合成できるアミノ酸のことを非アミノ酸合成できないアミノ酸のことを必須アミノ酸と呼びます。

非必須アミノ酸と必須アミノ酸

それでは、非必須アミノ酸と必須アミノ酸を表にまとめましたので、ご覧下さい。

非必須アミノ酸
体内で合成できます。非必須とありますが、不要という意味ではありません。
アルギニン成長ホルモンを合成するアミノ酸
大人は合成可能、子供は必要十分に合成できない
アスパラギン酸有害物質を体外に排出し、神経を守る効果や新陳代謝の促進、疲労回復など
シスチン解毒作用、メラニン色素の生成を抑える
チロシンドーパミンなどを生成、代謝を左右する甲状腺ホルモンやメラニン材料
アラニン脂肪燃焼促進、免疫機能の向上効果
グルコサミン関節痛の鎮痛効果や軟骨細胞の増殖などに効果
グルタミン酸化学調味料の旨み成分の一つ。脳に必要なアミノ酸
不足することはまずない
グリシン保湿や抗酸化作用、睡眠改善効果など
プロリン関節痛改善、脂肪燃焼の促進、美肌効果、コラーゲンの主要な構成成分の一つ
セリン保湿効果、神経機能補助、認知症効果

必須アミノ酸
体内で合成できないため、必ず食事から摂る必要があります。
イソロイシン身体の成長を促進や神経の働きを良くしたりする効果
ロイシン肝機能の円滑化や筋肉強化などの効果
あまり不足はしない
リジン身体を構成するにあたって、必要不可欠なアミノ酸のひとつ
メチオニン血中のコレステロール値を下げ、活性酸素を取り除く作用、また抗うつ効果
フェニルアラニン神経細胞間で信号を伝達する役割
スレオニン脂肪肝の予防や成長促進(別名、トレオニン)
トリプトファン催眠、鎮痛効果や精神安定効果など
バリン肝機能の改善や筋肉強化など
あまり不足はしない
ヒスチジン発育に必要なアミノ酸
大人は合成できるが、子供は出来ないので必須

アミノ酸の効果

アミノ酸の効果として、お肌ツルツル効果があります。
美肌のもとになっている成分がNMFという、天然保湿因子。肌の潤いを保つための成分です。このNMFが不足すると、新陳代謝(ターンオーバー)が乱れ、乾燥、肌荒れになってしまうのです。ですから、NMFが不足しないようにしなければなりません。
NMFはいくつかの成分から成りますが、アミノ酸は重要な成分で、NMFの約40%がアミノ酸で構成されています。アミノ酸を十分に摂ることで、潤いを保つNMFが形成されます。

アミノ酸の効果として、脂肪燃焼効果があります。
燃焼系アミノ酸、とう言葉を耳にしたことがあると思います。言葉のとおり、脂肪を燃焼してくれる働きが期待できます。健康生活に大いに役立のもアミノ酸です。