お客様とのつながりNo.1を目指す、心通わす通販売会社

伝統の蔵で造る芸術

もろみ酢は、泡盛を造る過程でできる、もろみから造る健康飲料水です。もろみは、米を麹(こうじ)にして水だけを加え、発酵させたもので、自然の力だけで造られた沖縄が600年以上もの間、受け継いできた大切な資源です。発酵の過程で天然のクエン酸、アミノ酸が大量に造られてます。

創業1848年、首里最古の蔵元瑞穂酒造の職人さんが大切にしている言葉、
「古酒(泡盛)は沖縄の宝物」

現在多くの蔵がコンピューターで管理して造るところが多い中、瑞穂酒造の職人さんは、あくまで昔ながらの製法にこだわって造っています。人の手で麹を混ぜ合わせ、もろみの声を聴く昔ながらの造り方は、芸術と言えます。

華もろみは、そんな伝統的な蔵元で大切に造られ、機械では出せない、その時にしかできない優しい味に造られます。

安心の徹底した品質管理

15の過程を経て、高品質な華もろみをお届けします。華もろみは、品質検査時に「微生物検査」と「官能検査」の2つで検査を行います。

官能検査とは

人間の感覚(視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚など)を用いての検査です。食品などの嗜好品質は、人が直接判断する官能検査による方が、むしろ的確であることが多いため、この官能検査を取り入れています。