お客様とのつながりNo.1を目指す、心通わす通販売会社

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10は、あらゆる細胞に存在し、日常生活を送る上で必要なエネルギーを作り出すために、欠かすことの出来ない重要な補酵素です。もともと、私たちの体内で合成される物質ですが、足らなければ生死に関わる程、重要なものです。

しかし、このコエンザイムQ10は、年齢と共に減少していきます。

低下していくコエンザイムQ10

体内のコエンザイムQ10は、20歳前後をピークに急激に低下、40歳前後からは、減少のスピードが急速に進展します。

もっとも重要な臓器の心臓は、40代で30%、80代ともなると約50%ものコエンザイムQ10が失われるため、外部からの取り入れが必要になってきます。

低下するとどうなるのか

コエンザイムQ10が不足すると、機能が低下し結果、
「疲れ」「肥満」「足のむくみ」「心筋梗塞」「脳卒中」「がん」
などの生活習慣病など、さまざま疾病を引き起こすと、考えられます。

コエンザイムQ10の働き

コエンザイムQ10には2つの働きがあります。

ひとつは、食事から摂取した栄養素を生きるためのエネルギーに変えてくれる働きです。もうひとつは、細胞を活性酸素による酸化から守り、若々しい身体を維持し、老化から守ってくれる働きです。
まとめると、

  • 生きるためのエネルギー生成
  • 細胞レベルから老化を守る働き

コエンザイムQ10を使用した理由

コエンザイムQ10は、もとは医薬品でしたが、規制緩和によってサプリメントや化粧品にも配合できるようになり、健康だけでなく美容のにも注目されるようになりました。(2001年にサプリメントの使用が厚生労働省から許可)

アミノ酸は身体をつくるタンパク質を生成するために必要な成分で、クエン酸は酸性に傾いてしまった体内をアルカリ性にしエネルギー代謝を促進させます。コエンザイムQ10を入れた理由は、アミノ酸、クエン酸の成分を促しエネルギーをつくり、老化のもととなる活性酸素を防ぐため、私たちの身体に欠かせない成分だからこそ、華もろみに使用しました。