お客様とのつながりNo.1を目指す、心通わす通販売会社

赤ちゃんにハチミツを食べさせてはいけない理由

赤ちゃんがハチミツを食べてはいけないとされている理由は、ハチミツに含まれるボツリヌス菌により、乳児ボツリヌス症という病気を引き起こしてしまう危険があるからです。

1987年に厚生労働省が乳幼児にハチミツを与えないよう注意喚起を行っています。

これにより、ハチミツのラベルには、1歳未満の赤ちゃんにはちみつを与えないようにと注意書きがされ、また、ハチミツのラベルだけでなく母子手帳や育児書にも記載があります。

注意喚起を行っている乳幼児というのは、1歳未満を指しているため、現在でも1歳未満の赤ちゃんには、ハチミツを与えないようにすることが指導されています。

ボツリヌス菌の毒素はトップクラス?

ボツリヌス菌は自然界に広く存在している菌での一種で、非常に毒性が強く、食中毒を引き起こす原因となります。

酸素を嫌う特徴があることから、普段は芽胞(がほう)と呼ばれる休眠状態となっています。芽胞から発芽し増殖を始めると、一気に毒素を撒き散らし食中毒を引き起こしてしまいます。

ハチミツに含まれるボツリヌス菌は極微量で、大人が食べても何の問題もありません。消化器官がしっかりと機能しているからです。

しかし、免疫力が低く、消化器官が未熟な赤ちゃんが食べてしまうと、ボツリヌス菌の増殖を食い止めることが出来ず、乳児ボツリヌス症を発症してしまいます。また、1歳未満の赤ちゃんの体の中はボツリヌス菌にとって居心地の良い環境にあり、増殖しやすいと言われています。

ボツリヌス菌の毒素は、自然界が作り出す毒素の中でもトップクラスに位置するほど強力なため、ボツリヌス菌に感染すると、最悪の場合命に関わる可能性もあります。

ボツリヌス菌は、100度の熱でも殺菌することが難しい菌で、殺菌するなら120度で4分以上の加熱が必要です。そのため、熱を通して調理をしても防げないことがあります。赤ちゃんのうちは、ハチミツを食べさせないようにしましょう。