お客様とのつながりNo.1を目指す、心通わす通販売会社

マヌカハニーとは

マヌカ マヌカハニーはフトモモ科の低木でニュージーランドに自生しているマヌカの木に咲く花から採れるハチミツがマヌカハニーです。春から夏にかけてのわずか4週間しか咲かない花から採取される貴重なハチミツです。マヌカとは先住民語のマオリ語で「復活の木」「癒しの木」などを意味し、薬として古くから先住民であるマオリ族が薬木として怪我や病気の治療に利用されてきたそうです。

医学会も注目の抗菌・殺菌作用

1980年代後半、ニュージーランド国立ワイカト大学のピーター・モーラン博士を中心に、マヌカハニーに非常に優れた抗菌・殺菌作用があることが発見され、 科学的な研究が始まりました。そして、今では「奇跡のハチミツ」として世界中の人々から愛されるようになり、その効果には医学会も注目しています。